FC2ブログ
ハリー my love
犬2匹と猫1匹、人間の息子2人と暮らす、主婦のブログ。
守れなかった約束。
今日は、書くのも、読むのも辛いお話になるかもしれません。
でも、今、これを書いてしまわないと、
ずっと、このままになりそうなので。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

姫ちゃんは、私にとって特別な存在でしたし、
ブログを通じて、多くの方に可愛がって頂いて、
とても幸せな猫だったと思います。

でも、私は、姫ちゃんとの大切な約束を破りました。
その点では、とても不幸な猫であったと言わざるを得ませんし、
悔やんでも、悔やみきれない思いです。

「私が、最期を看取ってやる」
その約束を、私は守れなかったのです。

100422_姫2

私が、弱っていた姫ちゃんに出会った日。
慌てて担ぎ込んだ獣医さんで、
あれこれと検査をして、言われた言葉がこれ。

「はっきり言って、長くないと思います。
 看取る覚悟が無いなら、もと居た場所に戻すか、
 薬で楽にしてやった方が良いかもしれない。」

その「長くないと思う」が2~3日なのか、1~2週間なのか、
それとも1~2年なのか、獣医さんの口から聞く事はできなかったけれど、
私は、そこで姫ちゃんと約束したんです。

「私が、最期を看取ってやる」って。
だから、絶対に安楽死なんかさせないし、野良にも戻さない。
ウチの子として暮らしなさいって。それなのに、守れなかったんです。

091209_のり巻き姫1

姫ちゃんが旅立つ前の数日間は、
ごはんも食べず、水も飲まないので、
連日、獣医さんに通って、点滴で栄養を入れてもらう状態で。

食べないし、動かないので、
自分で体温をあげる事ができず、すごく体温が下がっていて、
すっかり体が硬直していました。

暖める為に、毛布や湯たんぽをケージに入れていましたが、
嫌がって、蹴飛ばしてしまうので、私はほぼ付きっきりで、
毛布の位置を直したり、湯たんぽのお湯を代えたりしていました。
体をさすってやれば、少しは温かくならないかと思ったりして。

100117_姫3

今となっては、言い訳にしかなりませんが、
私も、ちょっと疲れていたんだと思います。

アカゴに授乳する為に、姫ちゃんの部屋を離れたのですが、
私はそのまま、居間の壁にもたれて眠っていました。
腕には、アカゴを抱っこしていて。

ダーリンが帰ってきた時の、車のエンジン音で目が覚めて。
そして気づいたら、30分以上も姫ちゃんから離れていたのです。
慌てて、姫ちゃんのケージに駆け寄ると、もう動かなくなっていました。

090704_姫1

どうして、もっと早く目を覚まさなかったんだろう…
どうして、最期の瞬間、そばにいてあげなかったんだろう…

私に拾われて、ダーリンの転勤についてきて。
生まれ育った土地を離れて、こんな遠くまでやってきたのに、
ひとりぼっちの最期を迎えた姫ちゃんが可哀想で、申し訳なくて、
ただ謝ることしかできません。

1番苦しんでいたのは、姫ちゃんなのに。
ちょっと寝ていないくらいで、疲れたなんて言って。
姫ちゃんをケージごと、居間に連れていくこともできたし、
アカゴの世話が済んだら、すぐ戻る事もできたはずなんです。

そんな簡単な事もせずに、
姫ちゃんを1人で逝かせてしまった私は、
なんてひどい人間なのかと思います。

090628_姫2

「猫は、飼い主に死に際を見せない」と聞きますし、
私が、その場を離れるのを待っていたんだろうか、とも思います。
でも、そう思い込む事で、救われようというのは、やっぱり身勝手ですよね。
コメント
この記事へのコメント
そういうことってよくあるから
実母が亡くなる1週間前遊びに行った帰り際にふと、もう二度と会えない気がしていたのに、亡くなる前日の夜、子供を寝かしつけている時にかかってきた電話に出ませんでした。娘5ヶ月に授乳中でした。長男には出なくていいの?って聞かれたのにね。
留守電には何も入っていなかったけど、その前後にお祖母ちゃん(母の母)にも電話をかけていたことがあとから分かりました。
去年亡くなった主人の母も主人が面会して帰った直後に亡くなりました。もう少し残っていたら・・・とか次の日から旅行に行く予定だったので(医者にも大丈夫と太鼓判押されてた)キャンセルしてたら生きてたかな?とか・・・
姫ちゃんはこれで納得だったんじゃないかな?
赤ちゃんの面倒をちゃんと見てるなって確認して、安心したと思うよ。
実母の時は私もちょっと変になりそうで何度かカウンセリングを受けに行きましたが、後悔しすぎで疲れるより今生きているワンコや赤ちゃんに悔いを残さないように接してあげてね。
姫ちゃんもそれを望んでいると思うよ。
2010/10/05(火) 11:57:27 | URL | アンバー母 #-[ 編集]
看取ってあげたかったですよね、最期。
約束とかがなくても
姫ちゃんをひとりで逝かせたくなかったんですよね。
ただ、飼い主さんを待ってたかのようなタイミングで逝く子もいれば
目が離れたときを選んだように逝く子もいるのは確かで
姫ちゃんは後者だったのかなと思います。
猫ちゃんは気配に敏感です。
温かいお家に迎えてもらえて、いつもと同じような距離で
Chihoさんたちの気配を感じながらの心穏やかな最期だったと信じます。
2010/10/05(火) 23:43:01 | URL | かすみ #-[ 編集]
ツライかもしれないけど、元気出して下さいね。
同じ赤ちゃんを産んだ身として、今は赤ちゃんだけの世話でほんと疲れると思うし、それに姫ちゃんの看病となると、また疲れは+されるし、また家事もしないといけないと何倍にもなると思う。
姫ちゃんもその大変さを見てわかってたんじゃないのかな?
だから普段寝ないのに、姫ちゃんが寝るように仕向けた睡魔だったのかも。
「あたしも休むから、ゆっくり休んで」って。

姫ちゃんもchihoさんと同じように、すぅ~眠るように休んだはす。
で、ジャイ君達がにぎやかに迎えにきてくれたと思います。

姫ちゃんを思い出してあげる事が一番の姫孝行だと思いますので、思う存分話してあげて下さい!!
2010/10/13(水) 14:47:56 | URL | さや #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://clubharry.blog46.fc2.com/tb.php/739-c0954317
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
photo&customize by カールアニキ