FC2ブログ
ハリー my love
犬2匹と猫1匹、人間の息子2人と暮らす、主婦のブログ。
迷い犬、おうちへ帰る(後編)
そんなワケで、シロちゃんの帰巣本能にまかせて歩き始めたのです。
ぐいぐい引っ張っていくシロちゃん。 そうそう、最初、この辺りに居たんだよね。080703_1335~0002
ズンズン歩いて、私も知らないあたりへ。
家から、歩いて20分くらい。そんなに離れてもいないんですけれど、古い町で、
ヒト1人がようやく通れるくらいの細い路地や、袋小路がいっぱいあって、
入り組んだところなので、あまり近づきたくなかった所。 入ったら絶対、迷うもん。

犬を連れたオバチャンがいたので、「この子、迷い犬なんですけど…」って、
声をかけてみたら、「迷い犬? ●●さんちのケンちゃんじゃないの?」
半日かけて探しても、全く手がかりも無かったのに、あっさりとおうち判明!!
やっぱり「蛇の道はヘビ」っていうか、「犬の事は、犬飼いに聞け」っていうか。
080703_1340~0001
シロちゃんケンちゃんは、脱走癖があって、よく1人でお散歩しているのだそう。
教えられたおうちを訪ねてみると、出てきた方が
「ああ、裏の柵の中に入れておいて」 ドアをバタン、鍵をガチャン。
探していた様子もないし、何だかな…


いえね、私がシロちゃんを保護してから、この時点で10時間近く経っているんですよ。
ウチからハリーが居なくなって、10時間も行方不明だったら、きっと半狂乱。
泣きながら探し回って、怪しいヒト扱いされる事、間違いナシですよ。


「入れておいて」って言われた柵も、
ちょっと本気を出せば、ぴょん、と飛び越えられそうな感じで。
可愛く言えば「あら、犬さん♪ お逃げなさい♪」みたいな。
080622_1331~0001
逃げるのは、『お嬢さん』やで!!
何だか、本当に可愛がってもらってるのか、心配になって、
「ウチで、シロちゃんとして生きていかない?」って、誘おうかと思ったけど。
単に、感情が表に出づらい、クールなヒトだったのかもしれないしね。

ほら、最近は変なセールスも多いし、世の中悪いヤツがウロウロしてるから、
「謝礼を払わんと、イヌは返さへんで!!」とか、言うと思われたのかも。
080630_1350~0001
イヌ返す返す詐欺やな。
そんな詐欺、ありませんっ!!





何はともあれ、おうちに帰れてよかったね、シロちゃんケンちゃん。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://clubharry.blog46.fc2.com/tb.php/100-af760903
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
photo&customize by カールアニキ