ハリー my love
犬2匹と猫1匹、人間の息子2人と暮らす、主婦のブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月28日は…
11月28日は「いいニーハイの日」だそうで。

131128_花ニーハイ

厳密に言えば、ニーハイ(膝より長い丈の)ではないかも。
そもそも前足だから「膝」じゃなくて「肘」かも。
つーか花ちゃん、寝癖全開でございますね。。。
スポンサーサイト
入りたい、入れない。
昨日のことですが。
私は、アカゴを幼稚園へ送ろうと、
アカゴ&ベビ太を、車に積む作業をしておりました。

すると、玄関からダーリンが出てきて、
「行ってくるね~」と出かけていきました。

131128_アカゴ

私は「はい、気をつけてね~」と応えつつ、
暴れるベビ太や、シートベルトと格闘を終え、
「さて、私たちも出かけようか。バッグと傘を取りに行って…」と思ったら。

なぜ、玄関に、
鍵がかかっているのですか???


長袖とは言え、Tシャツのままでしたし、
この時期に、上着ナシなんて、寒々しいんじゃー!!
幸いな事に、アカゴ&ベビ太は、防寒具を装備済みでしたし、
「車の鍵」と「お財布(免許証入り)」は、持っていたので、
とりあえず幼稚園へ送って、と。

まず、家の周りを、ぐるりと回ってみましたよ。
開いている窓がないかと思って、ガチャガチャやってみたり。
こんな所、誰かに見られたら、確実に不審者ですよ。

131128_泥棒よ

およそ9割の確率で、掃き出し窓が開いている、
セキュリティゆるゆるの我が家ですが、
…こんな日に限って!!戸締りも完璧。

仕方ないので、お隣で電話を借り、ダーリンに電話。
「鍵をかけちゃったでしょう? 私、家に入れないんだけど!!」と言ったら、

ダーリン「…ありゃー」

「…ありゃー」じゃないよ ( ̄▽ ̄メ )

そんなこんなで、ダーリンの職場へ鍵を借りに行って、
ようやく家に入ることが出来たのですが。

これからは、例えゴミ捨てであっても、
荷物の積み下ろしであっても、玄関から1歩出る時には、
鍵を持って出ようと心に誓った、そんな朝でした。
久々に、犬サービスDAY。
しばらく、バタバタしていたこともあって、
犬の皆さんにも、迷惑をかけていたので。
慰労も兼ねて、ドッグランに行ってきましたよ。

131001_2匹

こういう時、1番嬉しそうなのは、やっぱりハリー。
花ちゃんは、広いドッグランで走り回ることより、
よその飼い主さんに構ってもらう事(あわよくば、犬オヤツを頂く事)の方が好きな様子。

まあ、せっかく来たのだから、と、
一応、ボール投げなどもしてみますが。

131115_アカゴとハリー

犬の皆さんは、拾いに行かないので、アカゴが走る、と。

…いや、良いんですよ。
家族みんなが、楽しく過ごせるならば、お母さんは幸せですよ。
ちょっとばかり「何でやねん」とか、思わなくもないですが。
寒くなりましたね。
さて、本日は花の金曜日ですよ。
今年の金曜日は、今日を含めて、あと8回ですよ。

…えっ 8回!?
もうそんな時期なのね。
道理で、寒くなってきたわけですよ。
朝晩は、特に。

しかし、寒くなろうが、
まだ薄暗かろうが、雪が降ろうが…

131108_ハリー

そんなかわいいお顔しても、無理!
「犬のためには、雨でも散歩は欠かさない」とか
そういうスタンスじゃないんですってば、私。

雨の日は、おうちで遊びなさい、そうしなさい。
…なーんて説得が、効くわけも無く。
早朝から、散歩に行く羽目になるわけで。

131108_2匹1

どちらかというと、花ちゃんは、
「寒いから、行かない」だの「足が濡れるから、イヤ」だのいうのを、
「まあまあ、そんな事を言わずに」と、宥めすかして、
連れて行っているんですけれどね。

同じ様に育てた(つもりの)2匹でも、
随分と違うものだなあ。
11月ですよ。
うわー。
気づいたら、11月じゃないですか。
今年も、あと2ヶ月で終わりっていう事ですよ。

最近、何だかバタバタしていたのですが、
Chiho実家地方へ、1泊2日弾丸ツアーに行ってまいりました。

131101_ハリー

あ、今回、犬の皆さんはお留守番です。
なぜなら、Chiho親戚に、不幸があったからなので。
どうにも仕事の都合がつかなかったダーリンと、トラさんもお留守番。

私と、アカゴ&ベビ太、そしてお義母さんだけ、
最後のお別れに、行って来たのです。
(家を空けられない事情のある、お義父さんもお留守番)

131101_花

と、言っても。
亡くなったのが、100歳近いおばあちゃんでしたし、
ずっと、大きな病気もせず、元気な人だったせいなのかな。
あまり、しんみりした雰囲気にもなりませんでした。

内心は、色々あったのかもしれませんが、
ひどく泣き崩れるような人も居なかったし、
「本当に、元気な人だったよねえ」
「何だかんだで、いい人生だったんじゃないかな」と、
参列した人が皆、そう言いあう様な、穏やかなひと時だったと思います。

131001_2匹

こういう表現が、適切なのかは分かりませんが、
いい「お別れの会」だったんじゃないかなあ。

アカゴは、幼稚園でやる「あさの会」とか、
「かえりの会」の類似品だと思っていたようだけど。
意味が分かるのは、もう少し先の事になりそうですが、
騒いだりすることも無く、じっとお経を聞いていましたよ。
photo&customize by カールアニキ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。