ハリー my love
犬2匹と猫1匹、人間の息子2人と暮らす、主婦のブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そんな三十路の夏。
世の中には、私とは異なる常識や価値観、
そして、宗教観を持った人がいるのだな、と。

頭では、理解しているつもりですし、
どこの国の人だから、どの宗教を信仰しているから、といって、
差別や偏見は持たないようにと、心がけてはいるのですが。

120626_2匹

先ほど、アカゴを連れて、スターバックスに入りましたら、
目にも鮮やかな、オレンジ色の僧衣を纏ったグループが居りまして。
日本風の袈裟ではなくて、タイとかカンボジアとか、あの辺で見るような。

そんな彼らが、すごいスピードで、
携帯メールを打っている姿に、
つい違和感を感じてしまった、三十路の夏。


見たところ、二十歳そこそこの若いお坊さんばかりでしたから、
携帯くらい持っていても不思議じゃないよね、メールくらいするよね、
という事は、もちろん理解できるんですけれど。

絵文字とか、使うんだろうか。
そんな無駄な好奇心が湧いてしまったのでした。
スポンサーサイト
伊勢へ行きました。
先週末、伊勢へ遊びに行ってきました。
おそらく、第2子出産前としては、最後の遠出になるかと思います。
乳幼児を2人連れて、旅行というのも大変でしょうから、
今後しばらくは、おあずけかもしれませんね。

そして今回は、人間だけの旅ではありません。
ハリーと花も、一緒です。(残念ながらトラのみ、お留守番)

120623_看板犬

「あれ? ハリーたち、ちょっと大きくなった?」と思った皆様、残念。
この写真に写っているのは、泊まったお宿「まつしん」さんの、
看板犬の皆さんです。なんと、シェルティーが3匹。
うちのハリーと花も合わせて、5匹並ぶと、なかなか壮観ですよ。

ゲストも、ほとんどが犬連れですし、
すぐ裏側が海岸なので、散歩する場所にも困りません。

旅に出るとつい、あれこれとプランを詰め込みがちですが、
今回は、私の体調も考慮して、移動時間少なめ、観光も少なめ。
お宿で、ゆっくりしましょうか、と。ごはん作らなくて良いしね♪

しかし、アカゴを退屈させてもいけないので、
お宿から歩いていける 二見シーパラダイスという水族館に行きました。

120623_顔出し
アカゴよ。我が家に生まれたからには、顔出し看板と、着ぐるみは、通過儀礼なのだよ。

すぐ側で見たセイウチ(体重650kg)に、少々ビビッてはいた様ですが、
泣きはしなかったし、まあ楽しんでもらえたのではないかな?と思います。
産まれました♪
夕べ、義妹が無事に出産しまして、女の子が誕生したそうです。

120614_おめでとー。

義妹が出産するのは2回目ですが、第1子が男の子だったので、
私にとっても、初の姪っ子が誕生したわけです。
(身内の贔屓目かもしれませんが)とても可愛らしい子ですし、
義弟も、なかなかのハンサムさんなので、将来が楽しみです。
まだ、お顔は見てないんですけど。ええ、きっと可愛い子に違いありません。

そんなわけで、出産祝いなるものを買いに行こうと思ったわけです。
アカゴが産まれる頃には、あまりのAWAY感から、
パステルカラーや、フリルの洪水に酔って、気持ち悪くなった などと言っていた私も、
2年3ヶ月の修行期間を経て、ベビー用品売り場でも、
1人で入って、買い物できるようになったのですよ。

120201_花5

とりあえず、デパート的なところを覗きに行きました。
女の子ですから、何か、可愛らしいものを贈りたい、と。
ちょっとよそ行きっぽい、ベビー服なんか、いいかなーと思って。

しかしですよ。
すぐに着られなくなっちゃうお洋服よりも、
せっかくだから、記念になるものがいいかなあ、とか
いやいや、意外に実用的なモノがよかったりするよねー、とか
ここは一発、ウケ狙いで行くか、とか。

出産祝いを贈る側も、頂く側も、両方経験して、
どちらの気持ちも推し量れるようになったせいか、余計に悩んでしまったのです。
相手が誰であれ、喜んでもらえるギフト選びは難しいですが、こんなに難航するとは。
色気も素っ気もないけど、商品券とか現金にしようか。それも、楽しくないな。

というわけで、義妹Iちゃん、
出産祝いは、もう少し遅れます。(メールで言えよ、ってお話ですね。)
アカゴのお留守番。
今日は、妊婦検診の為、病院へ行きました。
こういう時に、悩みの種になるのが、アカゴ。
検診の予約をしているとは言え、予定通りに行かないのが妊婦でして、
飛び込みの出産があったりすると、2~3時間待たされることも、珍しくはありません。
そんな中、2歳児が大人しく待っていられるか?というと、難しいわけです。

普段ならば、お義母さんが来て、アカゴとお留守番してくれるのですが、
今日は、義妹の出産予定日が近いという事もあって、
お義母さんは、家を空けることができません。
その為、アカゴは一時保育へ預かってもらったのです。

120107_アカゴ1

核家族の強い味方「一時保育」は、松江に住んでいた時に、
何度か利用した事がありますし、特に問題もなかったのですが、
引っ越してからは、初めての利用です。

プロとは言え、初対面の保育士さんと、初めての場所。
どちらかと言えば、人見知りをしない性質ではありますが、
泣かれたらどうしようか、ぐずったら困るな、と思ったのですがね。

託児所まで送っていきましたら、あっさり手を振って、バイバイ。
園庭にある砂場へと、走っていきましたとさ。
楽でいいけど。ハハとしては、ちょっと寂しいような。

途中、様子が気になって、何度か電話してみましたが、
「大丈夫ですよ~ 今、水遊びをしています」
「給食も、全部のこさず食べましたよ」
「お昼寝しています。あっさり寝ましたよ」

そして、お迎えにも行ったわけですが。
喜んで駆け寄ってくるでもなく、淡々と「あ、お帰り」みたいな感じ。

120405_2匹

…うちの犬たちを預けた時と、そっくりでした。
これなら、どんどん預けて、1人で遊びに行っちゃおうかしら。
photo&customize by カールアニキ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。