ハリー my love
犬2匹と猫1匹、人間の息子2人と暮らす、主婦のブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そんなハロウィン。
さて、皆様。
本日10月31日は、ハロウィンですよ。
もともとは2000年以上も続くケルト人の宗教的行事、
諸聖人の日(万聖節)の前夜祭。
秋の収穫を祝い、亡くなった家族や友人を尊び偲ぶ日なのだとか。
日本でいうところの『お盆』ですかね?

この日は、死者の霊が家族を訪ねたり、
精霊や魔女が出てきたりすると信じられていたので、
身を守るために仮面を被ったり、仮装をしたりするのだそうです。
また、いかにも「ハロウィンらしいな」と感じるモチーフが、
カボチャをくりぬいたランタン。
これも、アイルランドの伝説を基にしたものだそうです。

今年は、ちょいとバタバタしていて、何も準備できませんでした。
こういったお祭りは、ぜひとも参加しておきたい性質ですのに、
仮装もカボチャもないと、ただの月末ですよ。

と、いうわけで。
急ごしらえですが、お夕飯をカボチャのカレーにしてみたり。
アカゴ用には、カボチャのスープ。
犬の皆さんには、いつものフードに、ゆでたカボチャをトッピング。

111031_2匹1

では一応、仮装も。

111031_素材

(背景は、フリー素材集からお借りしました。)
スポンサーサイト
1歳6ヶ月検診
『隠岐の島、旅日記』もそこそこに、
またもやブログ更新、絶賛放置中のChihoでございます。
こんな時間に、こんばんは。(現在、03:45)

本日は(もう昨日か。。。)アカゴの1歳6ヶ月検診に行ってきました。
こういう『健診などの催し物は、早めに行かないと時間がアホ程かかる』
…というのは、今までの経験上よくよく分かっていたので、早めに行ったんですけど。
受付時間13時~の、10分前に到着したのに、既に長蛇の列。
つい「おやつまでに帰れるかしら」なんて、遠い目になりましたよ。

110925_アカゴ

今回の1歳半健診は、当然ですがアカゴと同じ月に生まれた幼児が対象です。
過疎だの少子化だの言うわりには、総勢70名。
赤ちゃんの叫び声と、ママの悲鳴(私を含む、つーか私メイン)で、 非常ににぎやか。

まずは身長&体重測定。脱ぎ着のしやすさ最優先で、
カバーオール(しかもトラ着ぐるみ)を着せて行ったのですが、
周りのチビちゃんは、Tシャツやズボンで幼児っぽいのに、ウチだけ妙に乳児みたい。
実際、卒乳してないから乳児なんですが。
『普通の洋服も持ってるんですよー』とココロの中で言い訳。

ちなみに身長79.0cm、体重10.2kg。
身長は、80cmの大台に乗っているとばかり思っていたから、
秋冬の洋服を90cmのサイズで買っちゃったけど、長い付き合いになりそうね。

110825_アカゴ1

他にも、内科検診など。まあ、体力・健康面に関しては何の心配もありません。
ええ、心配してないのですが…言葉の遅れを指摘されました。
数週間前に郵送されてきた問診表を見て「何か言われるだろうな~」と、
予測してたのですが、案の定。。。ちなみに設問は、こんな感じ。

・「マンマ」「ネンネ」など、意味のある言葉を話しますか?
・絵本で見た事があるものを指差して、言葉で表しますか?
これを見たとき、本当にびっくりしましたよ。
1歳6ヶ月でこういう事聞くの? つーか、こういう事が出来るの???って。

アカゴが言えるの、「いないいないばあ」と「はな(犬の名前か?)」くらい。
というか、人間以外の毛が生えた動物は、全部「はな」。
ハリーもトラも、全部「はな」。 何よりも「ママ」とか言いません。

110915_アカゴ2

別にそれでもいいかなー、私が言う事はかなり分かってるし。
うちの弟なんかも3歳近くまでしゃべらなくて、母も当時、Dr.から、
「大きな病院へ行って、調べた方が」とか言われたらしいから、
きっとそういうタイプなんだなーとか思っていたのですが。
(弟、2X歳の現在は、フツーに話しますからね。)

Dr.曰く「普通、5~6個くらい意味のある言葉を言うんですが…」
「絵本の読み聞かせは?」とか「家庭で会話はしてますか?」とか
「TVばかり見せてませんか?」とか、いろいろ聞かれました。
絵本、広げた瞬間にびりびり破くから、内容までは聞いてないだろうし。
家庭の会話は、基本的に私1人だし、希薄かもしれない。そもそもTV、無い。

「もっと積極的に、話しかけや、絵本の読み聞かせをして」
「公園とか、子育て支援センターにも、もっと遊びに行って」ですって。
この部分だけ聞くと「子供を顧みない母親」とか思われてそうだなー。

110701_散歩

結構、頑張ってたつもりなんだけどなー。。。
牛突き。
さて、私達がまず向かったのが、『隠岐もーもードーム』。
隠岐の島の伝統行事である「牛突き」を見に行ったのです。

110917_牛

ちょいと歴史のおさらい。
承久3年(1221年)に、鎌倉幕府に対する兵乱が起きましてね。
いわゆる「承久の乱」または「承久合戦」です。
その首謀者だった後鳥羽上皇が、流されてきたのが、隠岐の島だったわけです。

たまたま子牛が2頭、角を絡めて、じゃれあっているのを見て、
後鳥羽上皇が喜んだもので、島民が「それが慰めになるなら」と、
始めた遊びが、「牛突き」の基になったのですって。

割と、こぢんまりしたドームでしたが、
かなり近くで見ることができましたよ。
写真はですね、一応撮りましたが、ブレまくりだったので。。。

そして、案内書には「大迫力!!」とありましたが、
観客が、私達ファミリーを含めて9名だったので、
牛の皆さんにも、ちと戦意が見えなかったような気が致します。
…まあねー、ギャラリーが居なきゃ、燃えないよねー。

110917_牛2

このもーもードーム、隠岐国分寺のすぐ隣ですので、
歴史好きな方は、一緒に見学に行っても良いかもしれません。
残念ながら私達は、アカゴがぐずったので、お寺の見学は避けましたが。

また、ちょっと思ったのが、
華やかな都や、政治の世界を離れて、ココに流された後鳥羽上皇。
今でも、かなり静かな島ですから、当時の都とは比べ物にならないほど、
静かな暮らしだったのだろうとは思いますが。

それでも、後鳥羽上皇が作ったお歌の碑が、
島内のあちらこちらにありましたし、
意外と楽しかったんじゃないかなー、なんて。
旅日記的なアレ。
昨日の記事では、隠岐の島の扱いが、あまりにもアレなので、
ちょいと旅日記的なモノを書いてみようかと思います。

断然、『海派』のChihoファミリーとしては、
夏休み、旅の目的地に、隠岐の島を選んだのは、
そう不思議なことではありません。

何といっても『県内』ですからね。
そのくせ、フェリーで2時間ちょっと、
高速艇でも1時間ちょっとかかるので、
週末などに「ちょっと行ってみようか」という程の距離でもなくて。

110917_フェリー内

しかし、転勤族ファミリーの私達。
「この先、島根を離れたら、まず行くことがないだろう」と思ったのもあって、
今回の目的地と相成ったわけです。何だか、ひどい理由ですね。

のんびりしていて、食べ物も美味しいし、
意外に(また言うか)見るところもあるし。
海も近いし、歴史好きな人にもウケるだろうし。
あとは交通の便さえよければ、もっと観光のお客さんは増えると思うんですがね。
なかなか難しいところでもあります。

あ、県外にお住まいの皆様。
大阪は伊丹空港と、島根は出雲空港から、
隠岐空港までの便がありますので、ご利用くださいね。

110917_フェリー内2

では、しばらくの間、旅日記にお付き合いくださいませ。
ただいま。
はい、ただいま(^^)
「Chihoファミリー、いつまで隠岐の島にいるんだ?」
「もしや、島に永住!?」と思った皆様、(いるのかしら?)
えーと、残念ながら違います。

110829_アカゴ2

いやー、実は例の大型台風15号の影響でですね。
島に着いた時の天気は、何とも無かったのですが、
2日目以降、大時化の予報が出ていて。

「帰り(に乗る予定)のフェリーが出ないかも?」というか、
「いつ出せるか、分からないよ」という状態だったのですよ。
ちょっと前、やっぱり大型の台風12号の時は、
台風関連で、4日くらい島から出られなかったそうですし。

110424_ハリー

…というわけで。
島に到着した時点で、全てのスケジュールは組みなおし。
「フェリーがあるうちに帰ろう」を合言葉に、
観光の予定を、超ダッシュでこなし、
1泊2日のハードスケジュールで帰ってきたのです。

思ったより、見るところもいっぱいあって、
その分、時間の都合上、諦めたところもあって。
また、ゆっくり行きたいなぁ。。。
photo&customize by カールアニキ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。