ハリー my love
犬2匹と猫1匹、人間の息子2人と暮らす、主婦のブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犬サービスな土曜日。
「山の上なら、少しは涼しいかも」という、
暑がりダーリンの提案により、急遽、犬サービスDayと相成りました。
行き先は、鳥取県・大山スキー場。

夏の間、スキー場の一部を、ちょいと囲って、
ドッグランとして開放しているところがあるのです。
広いし、割といつでも空いているし、なんと入場無料。

私達が到着した時には、霧がすごかったせいか、
他に犬も人もいなくて、ハリーと花ちゃんだけだったので、
アカゴも、ちょっと入れてもらいました。

110730_2匹
アカゴ、転倒の瞬間。

ちょっと遊んでいるうちに、霧も晴れて、
犬の団体さんが来られたので、アカゴ撤収。
本来、犬が遊ぶべき場所ですからね。

アジリティーをやっているというトイ・プードルちゃんや、
フリスビー・ドッグなラブちゃん、ボーダーちゃんなど、
たくさん見たんですが、ワタクシ浮かれすぎて、写真はナス。

110730_花1

実は、花ちゃんが、勝手にリュックに鼻を突っ込んで、おやつを盗んだんですよ。
私のじゃなくて、ボーダーを連れた、よその飼い主さんのリュック。
笑って許してくださったけれど…本当に、ごめんなさい。
スポンサーサイト
またもや熱発。
タイトルの通りですよ。
アカゴが、またもや熱を出しましてね。
昨日の夜から、どうも食欲がなかったので、気をつけて見ていたのですが。

38.5℃。前回ほど高くはないのですが、本日は土曜日。しかも連休の初日。
明日以降、ひどくなっても、診てもらえる病院が無さそうなので、
ちょっと早めに受診しようかと。しかし、かかりつけの小児科が開いておらず、
数件、電話してみた小児科も、診てもらえるところが見つからなかったので、
大きな病院の救急外来へ行きました。

090525_また留守番

受付をすませて、待合室に入ると、さすがに救急外来。
急性アルコール中毒で倒れた方や、脳卒中の疑いで担ぎこまれた方など、
私たち以外は、一刻を争うような症状の方ばかり。

看護士さんが『かなり待って頂く事になるかと』と、申し訳なさそうなお顔で。
ええ、もちろん構いませんとも。そりゃ、待っている間は不安ですけれど。
素人目に見ても、1番後回しにして大丈夫そうなのは、うちのアカゴでしたから。

確かに熱は高かったのですが、元気といいますか…
アカゴを抱っこしたまま、ソファーに座ろうとすると、
「立って!」「歩いて!」と要望が出るし、
「床に下ろして!歩きたい!」と駄々をこねる始末。

おでこに、冷えピタを貼って、真っ赤な顔をして、
傍目からも「ああ、お熱があるのね」という感じなのに、遊びたがるアカゴ。
…ええ。何だか、慌てて救急外来を受診させちゃった私が、
『カホゴでダメすぎる母』みたいな。

110716_撃沈

興奮して、遊びつかれて、帰る頃にはグッタリでしたよ。
あ、結局「ただの風邪だろうね、座薬だしておくから」とDr.が。
ハリー、5歳。
えー、皆様。
7月6日は、我らがスーパーアイドル犬・ハリー君の誕生日です。

110706_ハリー5歳

ついでに、うちのお義母さんも誕生日。
こちらはレディなので、何歳になったかは秘密です。
おめでとうございます。

さて、犬の5歳というのは、人間の年齢に換算すると36歳くらいだそうで。
犬の寿命の長さを考えると、仕方の無いことですが、
私にとっては、いつまでもカワイイ子犬ちゃんだと思っていたハリーが、
飼い主の年齢さえも追い越しているところが、また恐ろしいですね。

101127_ハリー

そして、人間の36歳と言えば、立派なオトナで。
会社でも、課長とか係長とか、責任ある立場を任されるのも、
きっと、このくらいの年齢でしょう。それなりに部下もいたりしてね。

だから、ハリー。
アカゴが、トーストの耳を分けてくれなかったからといって、
分かりやすい態度で拗ねるのは、やめてくれないかね?
本日の悪事。
110705_あさごはん

7:30
ひじきご飯、野菜の蒸したの、じゃこの入った卵とじ…と、
なかなか健康的な朝食を、完全ストライキ。
大人用のミューズリーを食べたい、と駄々をこねる。

フルーツグラノーラ、私も好きなんですが。
何となくヘルシーな気がするし、準備するのに、火とか包丁もいらないし(ココ重要)
ただし「甘いもの=主食」だと勘違いされては困るので、アカゴにあげるのは少しだけ。

9:00
パソコンのマウスと、おもちゃのワニを引きずりまわして、家中を散歩。
ワニは、正しい使い方だけど、マウスは誤用。

110705_わに
そして、途中で放置されたワニ。

12:00 
私が読みかけで、本棚に仕舞ってあった、
東野圭吾の『真夏の方程式』を、かじってボロボロに。
ああ、何故よりによって、長編推理モノの、最後の数ページを破るのですか。

本棚の、下の方の段には、手が届くようになったので、
置く場所を変えなきゃなりません。
…というか、モノを置ける場所(アカゴの手が届かない場所)が、
無くなってきたので、モノを大幅に減らさねば。
7月1日 はれ。
皆様、大変ご無沙汰しております。
こんなに長い間、更新をサボっていますと、
「まだ、アカゴの具合がよくないのか?」と思われそうですが。

110701_障子

実際は、このくらい元気です。
障子を破るペースに、張り替えるのが追いつかないので、
この夏は、もう破れたままで行こうかと。 一種のクールビズですよ。

さて、今日はアカゴ、水疱瘡の予防接種を受けに行きました。
本当は先週、受けに行く予定をしていたのですが、
『ヘルパンギーナが完治してから、2週間空けてね』とのことだったので、
今日に持ち越しになったのです。

何だか、アカゴが生まれてから(…いや、生まれる時もでしたが)
「予定通り」とか「計画通り」というものに、縁がなくなったような気がします。
なかなか、こちらのの思う通りには、コトが進みませんね。

110701_散歩

注射される雰囲気を察したのか、
待合室で大泣きするチビちゃんが多かったのですが。
うちのアカゴ、KY(空気を読めない)なのか、
通りすがりの看護師さんにも愛想を振りまき、
よそのママさんにも遊んでもらい…

注射前の診察でも、ニコニコ。
「何とまあ、楽な子ですね」とお褒めを頂いて。

そして、診察スペースから、注射スペースへ移動する途中、
大人の足で、ほんの10歩ほどの距離ですのに、
アカゴは足を滑らせて、転倒。大泣きで、注射を受けました。
注射より、たんこぶの方が痛かったね。
photo&customize by カールアニキ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。