ハリー my love
犬2匹と猫1匹、人間の息子2人と暮らす、主婦のブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
出所、再び。
今日は、犬たちを連れて、散歩に行くことができました。
久々のお出かけですよ。 やっぱり、娑婆の空気は旨い!!

100329_2匹

すっかり「散歩のおばちゃん」と化していた母が、
今日は、非常に忙しくて、散歩には行けそうもなかったんです。
そこで、家族の中で唯一、暇そうにしていた弟に、散歩を頼もうとしましたら、
なんと、彼は「犬たちのうんPが拾えない」事が発覚しまして。

別に「素手で引っ掴め」とか言ってるわけじゃありませんのにねぇ。。。
まあ、私もハリーや花ちゃん、お友達ワンコのうんPなら、躊躇せずに拾いますが、
(もちろん「ビニール袋越しに」ですよ。)
知らないワンコのとか、誰のだか分からないのは、触りたくないものね。

100329_ハリー

そんな弟に、散歩に行かせるわけにもいきませんので、
真打ち登場!!とばかりに、ウキウキと出かけて行ったわけです。
アカゴの守りを、弟に任せて。
独身の彼にとって、どちらが楽だったのかは分かりませんけれどね。

晴れてはいたんですが、風がすごく冷たくて、
時折、雪がちらついていました。
もうすぐ4月だというのに、まだ春は来ないのでしょうか。

100329_ハリー2

と、思っていたら、ハリーの足元に、
ちょっとした「春」を発見。

100329_つくし

土筆が、たくさん生えていました。
既に、土筆の最終形態・スギナに生え変わりつつあったので、
ずいぶん前から、ココに生えていたのでしょうけれど。
ずっと室内にこもっていたので、全く気づきませんでした。

やっぱり、外に出て、お日様に当たるのって、大切ですね。
ほんの1時間の散歩でも、気分転換になりましたし。

これからの季節、乙女の皆さんは「美白が~」「シミになっちゃう~」と、
気になるところでしょうが、そこをひとつUVカットのあれこれ塗って、
帽子でも被って、たまにはお日様にあたりに行くといいですよ。(←何様だ? 私)
スポンサーサイト
○○の居ぬ間に…
さて、当ブログも、すっかり不定期更新が板について参りましたが、
皆様、いかがお過ごしでしょうか?

「ああ、アカゴに手がかかるのね」
「それじゃ、ブログの更新などしている場合じゃないわよね」
そう思った皆様、残念!! 

もちろん夜中の授乳だとか、大変だなーと思うことはありますが、
有難い事に、アカゴには、ほとんど手がかからないんですよ。
母乳さえ飲ませておけば、大人しいですし、
実家に身を寄せている現在は、手伝いの手もたくさんありますし。

100226_2匹
犬の手、貸しますよ。

むしろ、暇で暇でしょうがないくらいなんですが、
「監視の目が厳しくて、PCに向かえない」せいで、更新もしておらず、
皆様のブログへの訪問も滞りがち、っていう感じなんです。

ウチの、大正生まれの婆ちゃん達が、
「産後1ヶ月は 字を書いたり、読んだりしてはいけない」なんて言い出したり、
数十年前に出産した母が、
「出産後に本を読んだら、具合が悪くなっちゃったのよねぇ…」って言い出したり。

確かに、出産後は無理をしちゃいけないとはいいますし、
監視員(主に母)の気持ちも分かるんですけれど、ちょっとPCに向かおうとしたら、
「そんな事していないで、寝なさい!!」と、眠くも無いのに、寝かしつけられたり。
やっぱり我が家は、少しばかりカホゴだよなぁ…と思っております。

10201 花1

で、両親が出かけている間に、少しだけ…とPCに向かっているわけですが、
基本的に、食べて、寝ているだけの生活なので、
「内容が無いよー!!」な記事になっちゃったりして(いつもの事ですが)

というわけで、両親に見つからないうちに、お布団に戻って寝ます。
何だか、元気なくせに「寝たきりの引きこもり」みたいですが。

それでは皆様、はばないすうぃーくえんど!!
お出かけ♪
えー、皆様。お久しぶりでございます。
現在、私は入院中に引き続き、実家での軟禁生活を送っていますが、
今日は久々のお出かけです。…行き先、病院ですけど。

あ、母子共に元気ですよ。
もちろんハリーや花ちゃんも元気です。
今回の目的は、退院後1週間検診というモノだったんです。
1ヶ月検診のような、公的(?)なものじゃないんですが。

090525_また留守番

私が産んだ病院では、完全母乳での育児を勧めているので、
母乳の量は足りているか?とか、アカゴの体重は増えているか?とか、
子育てに悩んでいませんか?とか、そういった事のチェックをするのだそうです。

任意の検診ですから、行っても行かなくても構わないんですが、
費用も無料(というか、出産費用に含まれているのかな?)ですし、
せっかくの機会だから、外に出よう♪と、ウキウキして出かけていったわけです。

100323_ハリー

今は、散歩にも出して貰えないし、久々の娑婆の空気ですよ。
前回のお出かけは、1週間前の退院時に、ほんの一瞬外に出ただけですし、
病院から実家まで、タクシーに乗ってドアtoドアだったので、
「お出かけ」というより「護送」みたいなモノでしたからね。

そして、健診の結果は、母乳の出も良いし、
アカゴの体重も順調に増えていて、「言う事ナシに良好」という事でした。
順調すぎて、30分もかからないくらいで、検診が終わっちゃいましたよ。

100323_花

でもね…久々のお出かけで、思った以上に疲れちゃったのか、
夜になって、熱を出しました。(私が)
ダーリンから「検診、どうだった?」というメールが来ていたので、
素直に「熱が出ました」と報告したところ、
「熱が出たって(笑)」という一言が返ってきました。

…うん、具合の悪い時に、人でなしな反応だと思うけれど、
私が同じ状況に陥っても、同じ反応を示すでしょうしね。
悔しいけれど、正しい反応かもしれません。

(24日追記)
あ。今朝には、すっかり良くなっていましたので、ご心配なきよう。
かくて、アカゴと2匹の現状は。
さて、アカゴの登場によって、最近すっかり影が薄くなっておりますが、
我が家には2匹のシェルティーと、1匹の猫が居るのですよ。

猫である姫ちゃん(年齢不詳♀)は現在、
島根でお留守番中ですので、ちょっと置いといて。
今回はハリー(3歳♂)と花ちゃん(1歳♀)のお話です。

ワタクシ、人間のコドモを産むのは初めてですし、
ご近所や親戚にも、そういったお家はなかったので、
ハリー達が、いわゆる「新生児」を見るのは、初めてなのです。

初めて見る生き物に、どういった反応を示すのか、当初の予想では、
ハリー=特に、気にしない。
姫ちゃんや花ちゃんが来た時の様に、いつの間にか馴染んでいる?

花ちゃん=「自分が1番可愛い」と思っているので、
自分より注目を集めるアカゴに対して、ヤキモチを焼くかも?
だったのですが…実際は。

100317_ハリー

入国審査官・ハリー、チェック中。
沐浴の準備中なので、背景にオムツやらタオルやらが 産卵 
散乱しているのには、ちょっと目をつぶって頂いて。

100317_花

そして検疫官・花ちゃんも、チェック中。
2匹とも、興味津々です。
アカゴが泣けば、寝室の前まで走っていって、
ドアの前に座って、じっと待っていたりする事もあります。

「新しい生き物が増えた」とは思っているものの、
その生き物が、未だ何なのかが分かっていない様子。
もしかすると、「挨拶に行っても、お尻も嗅がせてくれないし…生意気!!」
とか、思っているのかもしれませんが。

これから時間の経過に伴って、
2匹の反応も変わってくるのかもしれませんが。
…そのお話は、また機会があれば。
コトの真相。
何をどこから書けばいいかな~、と悩んでいたら、
すっかり遅くなっちゃいましたよ。
…いや、例のごとく、全くたいした事じゃないんですけれどね。

かれこれ5日ほど前の事らしいんですけど、
そう、おそらく先週の木曜日(伝聞)。
なんと!! ハリーが!! …下痢P。

100316_オムツ犬ハリー

先日、花ちゃんも診て頂いた獣医さんに、連れて行きましたら、
検査をしてもらっても、やっぱり体調としては問題は無くて、
ウィルスだとかそう言ったモノも見つかりませんでした。

飼い主(=私)不在だったり、
やっと帰ってきたと思ったら、見知らぬ生き物を連れていたり、
環境の変化が関係しているのではないか?というお話でした。
そんな訳で、とりあえず、ハリーにもオムツをして頂いているのですけれど。

100301_花2

あれ以来、花ちゃんも、
未だに「女の子の日」が終わらないので、オムツ生活絶賛続行中ですし、
先日、産まれたアカゴも、もちろんオムツ生活。

現在、我が実家は、
両親に、私、弟、アカゴ、犬2匹で、計5人と2匹なのですが、
人口(?)の4割以上が「オムツ姿」なわけです。
無事、出所。
基本的に健康優良児で、「病院」というものに縁の無いChiho、
そんな私が、計6泊7日の入院生活。 
…いや、アレは監獄生活だったかもしれません。

・なかなか来ない「お産の兆候」との根比べ。
(予定日になっても、何の兆候もナシでした。)
・ロタウィルスの疑いアリアリ、吐き下しとの戦い。
(何も、出産2日前に拾わなくてもねぇ。)
・吹雪の夜、突然の陣痛との戦い。
(ええ、3月なのに雪が降りました。そして積もりました。)
・冷暖房・トイレ完備とは言え、そう広くない個室に軟禁。
(感染症の可能性が捨てきれず、退院までずっと個室にこもっていました。)

その他、数々の死闘(?)を繰り広げつつも、
15日の午後、どうにか出所しました。
…いや、基本的には安産だったそうですが。

100301_ハリー3

せっかくだから、ゆっくりしようっと♪
ウチに帰ったら、こんな時間は取れないだろうし~♪と思ったのもつかの間。
入院中に読もうと思って、持ち込んだ本の数々も、面白いのに!! 
30分も読んでいると、どうも退屈してしまって。
読み終わっちゃうと、(軟禁状態のせいで)ア●ゾンさんも来てくれないし。

「どうせ1週間くらいでしょ? 短いわね。」なんて気分は、どこへやら。 
最後の方なんか「早く出せー!!」と思っていました。
また、この辺のことも、ボチボチ書いていければな、と思っております。
出産やら子育てについては、書かないかなーと思っていたのに、
意外にも、小ネタ満載だったもので(笑)

…あ、そうそう。
そういえば、我が実家で留守番中のハリーがですね。

100315_何やて?

明日(以降)に、続く!!
全くもう、ハリーったら…(笑)
疑惑の金曜日。
先週の金曜日、ダーリンが島根から出てきたんです。
産まれた子供に会いに来る事は、決して不自然ではないんですけれど、
ちょっとした疑問が1つ。

私がいる某・北陸地方まで、すごくスムーズに電車の乗り継ぎができたとしても、
ダーリンの職場からは、少なくとも6時間半はかかってしまうんです。
病院に現れた時間から逆算して、推察されるのが、
「金曜日の午後から休暇を取って、その足で某・北陸地方へ向かったのだ」という事。
…「土日に、ゆっくり来たら良いじゃない?」という疑問、湧きませんか?

箱入り娘をそのまま大きくしたような、天然風味の母は、
「ダーリンさん、そんなに子供に会いたかったのね♪」と嬉しそうでしたが。
少々ワーカホリック気味のダーリンを知る、ウチの父や私は、
「仕事を休むなんて、きっと何かあるに違いない!!」
「なぜ12日の夜に、北陸地方に居る必要があったのだろう?」と、
ダーリンに、疑いの眼差しを向けたわけです。

ほら、「夫が浮気をする確率が1番高いのは、妻の妊娠中」だとか、
「2時間ドラマで、妻との戦いに敗れた愛人が帰るのは、北陸(or東北)」
というデータ(Chiho調べ)もありますし。

…はい、決定的な証拠が挙がりましたよ。
それも、ダーリンが持っていたデジカメからね。
今さら、何が見つかっても驚かない覚悟をしていましたが、
こうも予想通りだとは…



ええ、12日に上野~北陸地方までのラストランを迎えた、
寝台特急『北陸』と、夜行急行『能登』のツーショット、
そして黒山の人だかり(いわゆる『鉄道ファン』の群れ)の写真がありましたよ。
全くもう、ダーリンったら「鉄ヲタ」なんだから。
嵐の前の静けさ。
20100311165420
さて、産後1日目。
夜中の授乳だのオムツ交換だので、世のお母さん達は忙しい様ですが、
ワタクシは、皆様に申し訳ないくらい暇です。
まあ暇だから、こうしてブログなんぞ書いたりしているわけですが。

実は現在、監禁されていまして。
(弟いわく『ごはんが出るから、監禁じゃなくて軟禁!!』だそうですが)
…と言いますのも、今は症状も、ほとんど収まっていますし、
産後にありがちな浮腫やら貧血を除けば、かなり元気な方なのですが。

入院した時、吐き下しの症状があったんですよ。
我が実家地方で、小さい子達に流行っているロタウィルスとか、
何かの感染症の可能性アリという事から、病院の方針で、
本来は、昨日から母子同室(夜中の授乳、オムツ換えもアリ)予定だったのに、
なんとアカゴとの接触不可。新生児室に預けたままです。
昨日からUPしているアカゴ画像も、看護士さんが撮ってくれたモノですし。

そして、他の妊婦さんとも接触不可。
周産期医療センターですから、ハイリスク妊娠の方もいらっしゃいますのでね。
まあ、仕方のないお話ですよ。もちろん差別だとか、そういう話ではなくて、
もし、私が他の妊婦さんの立場であっても、
「感染症の疑いアリな患者さんが身近に!?」なんて、不安ですもの。
妊婦さんや新生児なんか、ただでさえ免疫力が落ちている時期ですからね。

そんなワケで、(少~しだけ寂しい事を除けば)、
意外と快適な入院生活を送っているのですが、
「症状が治まってから、2日間は隔離」だそうですから、
うまく行けば、明日には母子同室が始まって、
嵐のような生活になるのでしょう。じゃ、今のうちに、ゆっくりしようっと♪
(アカゴよ、こんな母でゴメン)
取り急ぎご報告まで(モブログ風)
20100311043003
えー。
私事で、大変恐縮ではございますが、
本日3月10日、午後12時40分頃、我が家に、新しい家族が増えました。
3108gの男児(人間のコドモ)です。
母子、共に健康です。

諸事情により、病室へはPCを持ち込めなかったので、
携帯からの更新ですが、うまい具合に読めますでしょうか?
1週間ほどで、自宅(某・北陸地方の実家)に戻れるそうなので、
ハリーが「人間の弟」しかも「初めて見る新生児」にどんな反応を示すのか、
そして「ワタシが1番可愛い」と思っている、花ちゃんの態度など、
おいおいお伝えして行ければよいな、と考えています。

取り急ぎ、ご報告まで。
お腹の中の司令官。
本日は(本日も?)お食事前の一読には、全く適さない内容です。
どうぞ、ご注意ください。

ビロウなお話で、アレなんですが、
実は、ワタクシの目下の悩みがですね、 貧乳 頻尿なんですよ。
臨月のニンプは、大きくなった子宮に、膀胱が圧迫される事から、
溜められる量が減って、頻尿になる事が多いのだそうですが。

コレがですね、1回あたりに出る量がホントに少なくて、
スプーン1杯とか、そんな量なんです。
ハリーや花ちゃんがする量よりも少ないかもしれません。

100301_ハリー1

そのくせ、回数は妙に多くて、
用を足して、お手洗いを出た瞬間に、
「あれ? もう少し…?」という感じなんです。

その為に、
お手洗いを出る→やっぱりもう1回!→お手洗いに入る
お手洗いを出る→やっぱりもう1回!→お手洗いに入る
…というのを何度も繰り返しています。

100305_ずっとトイレに

いえね、それが…
「まだ、もう少し出るかな?」と、お手洗いの中で座ったまま待っていると、
今度は全く出ないまま、時間だけが過ぎていくという状態で。

仕方ないので、コレで終わり!!と区切りをつけ、
立った瞬間に、「あれ…?」となるわけで。

そして、お手洗いから出た瞬間に、また入りたくなるというのを、
何度も何度も繰り返していると、どうしてもお腹の中から、
アカゴか、100歩譲って「神様的な何か」が、私を監視していて、
おちょくっているのではないかと思われてならないのです。

100305_出ました

100305_追加

そう、きっとこんな感じ。
おかげで、何だか無性にムカつく今日この頃なのでした。

…アカゴよ、お腹の中の居心地が良いのは、
十分に分かりましたから、もうそろそろ出てきませんか? 
母ちゃん、落ち着いてお手洗いにも行けないよ。
花ちゃんの憂鬱。
さて、最近ちょっとブルーな花ちゃん。

100301_花2

なぜなら、またもやオムツ生活に逆戻りしたからです。
すっかり下痢P(本人の名誉の為、小文字)は治まっているので、
しばらくはオムツを外して生活していたのですけれど。
…そう、アレです。花ちゃんは1人前のレディーですからね。
仕方ないよね、女の子だもんね。

ただ、やっぱり本人(本犬)としても、
オムツは、ちょっとカッコ悪いと思っているのか、
何となく気に入らないのか、どうも本調子ではない様子。

100301_イケてない

まあ、そんな事いわずに。
花ちゃん、オムツもよく似合っているわよ。
ほら、紙オムツの会社から「ぜひ当社のイメージモデルに!!」って、
CMの依頼が来るかもしれないじゃない?

…そんなに、分かりやすくスネなくても。
3月ですよ。
意外にも、あれやこれやと用事があったり、
ウダウダ、ダラダラと過ごしているうちに、2月が過ぎ去り、
あっという間に、3月になっちゃいましたよ。

とうとうバンクーバーオリンピック、終わっちゃいましたね~
こんなに真面目にオリンピックを観たのは、初めてかもしれない!!という、
にわかファンっぷりでしたが、色々なドラマを垣間見ているようで、楽しかったですよ。

100301_ハリー1

基本的に「浪花節」な、ウチの父が、
「カナダの娘(ジョアニー・ロシェット選手?)にも、勝たしてやりてぇけど、
ウチには、真央ちゃんがおるからなぁ…」と、誰を応援しようかと、
テレビの前で、かなり真剣に悩んでいたり。
(いつから真央ちゃんが「ウチの子」になったかは、突っ込まないでやって下さい…)

花ちゃんが何故か、安藤美姫選手の出番にだけ、
テレビの前に座って、じーっと眺めていたり。
(他の選手が演技している時は、全く興味がなさそうだったんですよ。)

安藤美姫選手の、妙に緊張した面持ちとか、変にクジ運の良くないところとか、
実力もあるし、努力もするし、根性もあるのに、本番に弱いあたりが、
妙に、ウチの姉に似ていて、何となく目が離せなくなったり。
(ちなみに姉は、容姿もミキティに、ちょい似です。)

フリーの演技後、インタビュー中に、つい泣いちゃった真央ちゃんが、
持っていたティッシュが、妙にゴワゴワしていて、硬そうに見えたので、
「小塚君、真央ちゃんに『鼻セ○ブ』分けてあげてっ!!」とか思ったり。
(小塚選手が、キス&クライに『鼻○レブ』を持ち込んでいたのを、確認済みです。)

100301_花

競技に対する知識がほとんどない分、細かい所にばかり目が行ってしまったりして、
真面目なスポーツ・ファンの方に言わせれば、とんでもない楽しみ方かもしれませんが、
こんな風に、オリンピックを楽しめるのも、コドモができたおかげかなぁ、なんてね。

4年前、トリノで冬季オリンピックが開催された頃には、
いわゆるWorkaholicだったので、テレビ観戦するどころか、
獲ったメダルの色も、数も、誰が出場したのかも知らないくらいでしたからね。
ひょんな所から、年月の流れる早さだとか、時間的な余裕のある喜びなど、
考えさせられることがたくさんありました。
4年後には、どうしているのかなぁ…なんて、つい感慨深く思ったりして。

10205 2匹

きっと、この能天気な犬達と、姫ちゃんと、
今はまだお腹の中にいるコドモも一緒に、
ゆるーく、ボーっとテレビ観戦しているんでしょうね。
photo&customize by カールアニキ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。